hello!BEAUTIFULWORLD

WELCOME! MY BEAUTIFUL FRIENDS!!

四つ葉のクローバー 幸せさがしの旅(4)

Posted by あまりリス on   0 

シャムロック


結局クローバーは何枚がいいの?


さて、これまで3回にわたり、四つ葉のクローバーがどうして「幸せを運ぶ」と伝わっているのかを考えてきました。


今回までに知った葉の1枚1枚に伝わる「信仰 希望 」の意味。

それをクローバーを見た時に連想し、念じ行動できるなら、

物質としての4枚目はもう、いらないのかもしれませんね。

(一説には、4枚で十字架を表す、という考え方もあるらしいです)


実際に「3枚」のクローバーを大切にしている国があります。

それは、アイルランドです。


三位一体をあらわす「シャムロック


アイルランドではクローバーのことを「シャムロックshamrock)」と呼び国花に指定しているほか、

航空会社のマークやラグビーアイルランド代表チームのエンブレムにするなど、シャムロックをめちゃくちゃしています。


キリスト教が上陸する以前、アイルランドでは多神教を信仰していたそうなのですが、

5世紀ごろ上陸した聖パトリックさんがキリスト教の三位一体「父・子・聖霊」を説明するのに、

このシャムロックを使ったという話が残っています。


3枚の葉が一つになっているから三位一体・・・うまいこと言うなぁ。。

でも割とこじつけでもないんですよ、この話。



実は、クローバーの葉って植物学的には3枚で1セットなんです!!


えぇっ!? あれ、3枚じゃないの?


いえいえ、地面から茎が這うように伸びて、そこに3枚1セットの葉や花をいっぱいつけているイメージなんです。

クローバーを1つ摘んだら、クローバーの木から葉を1枚を取った、という感じでしょうか。

目からうろこですね。

あっ、知ってました!? 知ってた方はゴメンナサイ💦


じゃ、四つ葉はと言いますと、

そう、4枚で1セット。


さらに、五つ葉、六つ葉・・・

うそじゃないんです。


次回、「いったい何枚あるの? クローバー」へつづく・・(たぶん最終回)


該当の記事は見つかりませんでした。