hello!BEAUTIFULWORLD

WELCOME! MY BEAUTIFUL FRIENDS!!

みなみの桜と菜の花まつり(3)

Posted by あまりリス on   0 

桜1


河津桜のピンクと菜の花の黄色が春を告げる

さて飯田さんが大事に育てた桜は、後に調べてみると、
新種の桜であることがわかりました。

日本固有種の「オオシマザクラ」と

沖縄のお花見といえばコレ!の「カンヒザクラ」の自然交雑種だったのです。

そして、河津町に原木があることから「河津桜」と名付けられました。


オオシマザクラ」はその名が示す通り、伊豆大島などの島しょ部から持ち込まれたと言われる桜です。

桜餅の葉っぱにも利用されている、と聞くとあぁ、あれか!と急に親しみが湧いてきます。

白い花を3月から4月にかけて咲かせます。


一方、「カンヒザクラ」は中国南部から台湾にかけて生育する桜で、

日本では園芸品種でしたが、繁殖力が強く沖縄では野生化しているそうです。

早咲きで花の色が濃いという特徴がありますので、

河津桜ちゃんはこの「カンヒザクラ」の特徴を受け継いでいる、とうことでしょうか。



しかし、本来なら出遇うはずのなかった2つの桜が、

人の手を伝ってこの伊豆で出会い、新しい命を育んだ。

それをまた人が伝え、各地へ広がっていく。


河津桜」は私たち人間も、実は大きな自然の一部であることを

認識させてくれる不思議な存在ですね。




🌸今、河津桜はちょうど旬です🌸

みなみの桜と菜の花まつり」では、

青野川沿いに植えられたおよそ800本の桜と

菜の花の黄色い絨毯がやさしく迎えてくれます。


毎年開催されていますので、ぜひ一度訪れてみてください。


伊勢海老


実は、静岡県で一番、伊勢海老の漁獲量が多いのが南伊豆町です。

ぜひ美味しいものも食べていってください。(^^)/



関連記事

あまりリス

WELCOME! MY BEAUTIFUL FRIENDS!! このサイトでは、楽しいこと、ハッピーなこと、不思議なことを発信したりまとめたりして、みんなで「楽しい」を共有します。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。